menu

サイズには皆悩むもの

白いカプセルが入っているパッケージ

気持ちよくなる秘訣

ペニスサイズというのはセックスにおけるひとつのテーマでもあります。
ペニスとは男性がセックスという戦に赴く際の武器でもあります。
そんな武器が短刀のように短いものだとあまり心強いとは言えません。
どうせなら野太刀のように太く厚く長い獲物を持ちたいのが男心でしょう。

短刀を野太刀に鍛え上げる方法があるとすればあなたはどうしますか?
短刀のまま戦に赴き続けるのもまたひとつでしょうし止めはしません。
しかしできることなら野太刀をぶら下げている方がいいのではないのでしょうか。

ペニスサイズは一見今となってはもう変えようのないものに考えがちです。
思春期までにおおよそのサイズが決まってしまうだけに、どうしてもペニスを増大できるという考えに至らないからです。
ペニスが小さい原因というのは様々です。

ひとつは体質の問題です。
ペニスの成長には必要な栄養素があります。
その栄養素を身体の中で充分に生成できない体質というのが存在します。
さらに、血流が良くないとそれだけでペニスの成長には深く関わってきます。
また思春期に不規則な生活や食生活の偏りがある場合には、血流があまり良い状態にはなりません。
そういった生活を送っていた場合には本来成長するはずだったペニスがその限りで無くなる場合も多くあります。


包茎は辛いもの

ペニス増大以前に、包茎というのは往々にしてペニスの成長を妨げます。
といっても、全ての包茎がペニスの成長を邪魔するわけではありません。
しかし、亀頭に半分以上皮被りの場合にはペニスの成長を阻害するものとなります。
包茎はセックスにも影響しますが、そもそものペニス増大を邪魔するものなのです。

さらに筋力が足りないとペニスは大きくなりづらい傾向にあります。
勃起は、PE筋と呼ばれる下腹部の筋肉が収縮することによって、陰茎海綿体に血流を送ることで発生します。
そのためその筋肉が弱っているだけでどうしてもハリのない勃起になってしまいます。
さらに、肥満の方というのはPE筋がとても弱くなる傾向にあります。
その場合にはペニス増大が見込めない場合があります。
自分の見た目も考えるのであれば少しシェイプアップするのも良いのではないでしょうか?

以上のことから、健康的な生活そのものが健康なペニス、及び勃起を作り出すひとつのファクターとなるわけです。
自分の中の、というか身体の中心にコンプレックスを抱えるのであれば、まずは健康的な生活を目指してみるのもひとつではないでしょうか?

外側から干渉すると

ペニス増大の一番確実かつ即効性のあるものと言えば、「ペニス増大手術」でしょう。
ヒアルロン酸注射や、ペニスにメスを入れて直接大きくすることでその確実性というのは非常に保証されているものとなります。
そのために、ペニス増大手術というのはとても費用の高いものとなります。
保険が効かないために仕方のないことです。
クオリティ・オブ・ライフを上げる手術ですので、将来的には保険が適用されてもおかしくないものです。
しかし、残念ながら現在ではその限りではないので、保険適用外となります。
そのような高い費用を払うことは確実ですが少し負担が大きいものとなります。

矯正器具を利用するという手段があります。
矯正器具とは、ペニスに器具を装着する方法ですが、様々なものがあります。
牽引(根本から引っ張る)ことでペニスそのものを伸ばす方法もあれば、
ポンプのようなもので気圧を利用してペニス増大を図るものもあります。
とはいえどちらかというとそういったものは一時的なインスタントな増大です。
できることなら常時大きいペニスを持ちたいものです。

俗にチントレと呼ばれるものもあります。
チントレとはそのままチンコトレーニングの略称で、勃起を司るPE筋を鍛えることを目的としたものです。
下腹部のトレーニングが多く、そのやり方は主にインターネットで紹介されています。
チントレでペニス増大を狙うには長い時間がかかるため、継続し続けることがいちばん大切なこととなります。

上記の方法とは違った身体の内側から働きかけるのはどうでしょう。
それはサプリメントや薬によるものです。

人気コンテンツ

画面いっぱいの茶色いカプセル

「大きいほうがキモチイイ?ペニス増大でパートナーを満足させよう!」の人気コンテンツです。

read more »

下半身の悩みは尽きぬ

チンコというのはおよそ我々の自由意志からは独立した存在です。基本的にチンコは我々のいうことを聞きませんが、チンコは我々に勝手に指示してきます。性欲を人質に取られている時点で仕方ないのかも知れません。

read more »